ノリディの通販と個人輸入※ノリディ最安値や効果・副作用

ノリディは通販で購入できる

エストロゲンを含有しない、全く新しいタイプの経口避妊薬として、幅広い年齢層の女性の間で注目を集めているのが、ノリディです。ノリディは、35歳以上の方や、喫煙者の方、授乳中の方、高血圧の方、肥満症の方など、通常では、低用量ピルの服用が難しい方も、服用することのできる経口避妊薬として、人気があります。 ノリディは、黄体ホルモンの働きのみで、排卵を抑制するため、一般的な低用量ピルなどと比べて、安全性が高く、より多くの方が服用できる、画期的な薬です。 ノリディは通常、病院が出す処方箋を使用した場合しか、入手することができませんが、個人輸入を代行している業者や、個人輸入した商品を取り扱う通販サイトなどでも、手に入れることができます。 通販の場合であれば、関税や、税関検査などの手間がある個人輸入を行う必要なく、他の通販ショップなどと同じ感覚で、商品を購入できる点で、非常に優れています。また、海外のサイトで、翻訳に戸惑ったり、見知らぬサイトでの決済方法に不安を感じたりということもないため、注文間違いや、住所や名前の記入違いといった間違いなども起こることが少ないという安心感の下、買い物をすることが出来ます。

ノリディ(Noriday)の購入はコチラ

ノリディを最安値で購入し服用を継続させる

ノリディは、服用するタイプの避妊薬となっているのですが、エストロゲンという煙草を喫煙している習慣がある人は服用することができない成分を配合していないので、煙草を吸っている人でも服用することができる避妊薬として非常に人気があります。 一般的な避妊薬の場合は、21日間は毎日服用して、7日間は服用しないで期間を空けるという28日間の周期を守りながら摂取していく必要があります。 このように28日間の周期を管理していくことが困難のため、服用しない期間中に服用する習慣を忘れてしまい8日以上経っても服用していない状態になってしまったという人は少なくありません。 しかし、ノリディには服用しない期間というのがありません。 ノリディは、同じ量を毎日摂取するだけで良いため、忘れがちな周期管理をしなくても済み、手軽に利用することが出来ます。 ですが、避妊が有効な状態を持続することができる時間が、およそ25時間ぐらいと短めなため、一定の時間に摂取しないと時間がずれてしまい妊娠しにくい効果が薄れてしまうため注意する必要があります。 そのため、服用を継続していく必要がありますが、継続するためには最安値で購入しないと経済的に負担がかかります。 最安値で購入するためには個人輸入通販サイトを利用する必要があります。

ノリディ(Noriday)の購入はコチラ

ノリディを購入するには個人輸入が一番です

ノリディは黄体ホルモンのプロゲスチンのみが配合されたミニピルです。低用量ピルと異なり、卵胞ホルモンのエストロゲンが含まれていないため、血栓の心配がある人や、偏頭痛・高血圧などの症状のある人、喫煙する人や授乳中の人でも安心して使うことができるというメリットがあります。ノリディは、配合されているホルモンの量が抑えられているため、避妊効果が25時間しか続かないという特徴があります。そのため、服用する時の注意点として、毎日決まった時間に忘れずに飲み続けないと、避妊効果が薄れてしまうことがあるとされています。また、服用時間のズレは3時間までがリミットと言われています。ですので、飲もうと思った時に手元にないと困ることになります。ドラッグストアで購入できるものであれば、すぐに買いに行くこともできますが、ノリディはドラッグストアでの取り扱いはありませんし、日本国内で医師による処方はされていません。ノリディを購入する方法は、海外から個人輸入する方法のみです。個人輸入といっても、手続きや支払いを代行してもらえる業者がいくつかありますので、サイトから注文するだけで済むという手軽さです。価格もかなり安く、最安値の店舗で購入すれば、1ヶ月あたり1,000円を下回る価格で購入できます。まとめ買いをすれば、さらに安く購入できるため、長期間服用していく人にはおすすめです。

ノリディ(Noriday)の購入はコチラ

ミニピルノリディと副作用

ここ数年で、日本でも避妊のためにピルを使う人が多くなっています。 ピルには、様々な種類がありますが、卵胞ホルモンのエストロゲンを含まない経口避妊薬が、ノリディです。 ノリディは黄体ホルモンのみを含むミニピルなので、授乳中の人や高血圧、血栓症の人でも使うことができます。 通常、ピルは21日間飲み、7日休むというサイクルで服用します。 しかし、ノリディは毎日同じ量を摂取することができます。 ただ、持続時間が25時間と短いので、服用時間が決まった時間よりも大幅にずれると、避妊効果がなくなるので注意が必要です。 ノリディは、毎日決まった時間に服用することで、高い避妊効果を得ることができます。 ノリディは、1日1錠を生理の開始日から服用します。シートに曜日が印刷されているため、服用開始日の曜日から服用することで飲み忘れを防ぐことができます。 服用を開始してから7日間は、他の避妊方法も併用します。 ノリディを服用した場合、発疹や倦怠感、頭痛、腹痛、眠気などの副作用が出ることがあります。 ビタミンCを過剰摂取した場合、副作用が起こりやすくなります。 体に異常を感じた場合は、すぐに薬の使用を中止して、医師の診察を受けることが大切です。

ノリディ(Noriday)の購入はコチラ

ノリディの効果と服用時の注意点とは

ノリディは経口避妊薬の一つでミニピルに分類されています。ミニピルと通常のピルの違いは、エストロゲン・プロゲステロンの2種類のホルモンが配合されているか、プロゲステロンの1種類のみかの違いです。ノリディはプロゲステロンの1種類のみを含みますのでミニピルになります。おもな効果は避妊ですが、毎日決められた時間にしっかり服用していくことで、通常の低用量ピルと同等の効果を期待することができます。ただし、ホルモンの配合量がおさえられているため、持続時間が25時間と短い時間になっています。そのため服用時のズレを最大3時間以内にとどめなくてはなりません。それを超えてしまうと、効果が薄れたり不正出血が起こることがあると言われています。また、服用を開始した日から7日間の間は、コンドーム等で避妊をすることを推奨しています。また、ノリディには生理を軽くする効用もあります。ですので、毎月の生理が重かったり、出血量が多くて困っているという人でも利用できます。さらに、ノリディはエストロゲンを含んでいないため、喫煙している人や授乳中の人、偏頭痛や高血圧の人でも安心して服用できるという特徴があります。年齢も特に制限されていませんので、女性であればほぼ誰でも使う事のできる薬だといえます。

ノリディ(Noriday)の購入はコチラ

口コミを見てノリディを購入してよかったです

友人が40代後半で予期しない妊娠をしてしまい、とても悩んでいたことがあったので、自分も充分に注意しておこうと考えて、ピルを飲むことにしました。しかし、もともとかなりの偏頭痛持ちなので、普通の低用量ピルは飲むことが出来ません。困ったなあと思いネットで探したところ、ノリディを見つけました。ノリディはエストロゲンが配合されていないため、偏頭痛持ちの私でも呑むことが出来るミニピルだということを口コミで知りました。また、普通のピルと違って、休薬期間がないため毎日飲むことになるのですが、かえって、飲む期間の管理などをしなくてよくなる分、楽なのではないかと思いました。ノリディには、飲み始めに頭痛などの副作用が出るといわれていたので、その点だけは心配でした。実際は、私の場合2週間くらい少し出血はありましたが、その後は何もなく普通に過ごしています。毎日決まった時間に飲むのも、習慣にするまでは少し気を使いましたが、今では飲み忘れの心配もなくなりました。このようなピルを地元のドラッグストアなどで購入するのはちょっと恥ずかしいのですが、ネットで海外から代行業者さんを通じて安全に注文できますし、値段もかなり安く買うことができるので、とても助かっています。

ノリディ(Noriday)の購入はコチラ

ノリディを試してみての体験談です!

体験談を読んだのがきっかけで、私もノリディを使い始めました。 私は喫煙者なのですが、ノリディは喫煙していてもリスクを伴わないという事を知り、早速購入してみました。 決まった時間に服用しなければいけないのが少し面倒ですが、しっかり避妊が出来るようになり、安心感が持てるようになりました。 またノリディを服用するにあたり、一番心配していたのは副作用です。 人によっては吐き気などの副作用が起こると紹介されていましたが、私の場合は、特に体調の異変を感じる事なく安全に使えています。 さらに嬉しかった効果としては、生理痛が改善した事です。 私は生理が重いタイプで、酷い時になると仕事を休んで家で寝込んでいなければいけない状態でした。 ピルは生理痛を改善させるという効果がある事は知っていましたが、このノリディも私の体に合っているのか、良い作用をもたらしてくれています。 生理痛が一番きつい2日目も寝込む事がなくなり、元気に会社へ出勤出来るようになりました。 経血の量も少なくなり、全体的に生理が軽くなったように感じます。 毎月生理の時期が憂鬱でしたが、元気に過ごせるようになり、もっと早くノリディを使いたかったと感じるほどです。

ノリディ(Noriday)の購入はコチラ